やさしさでいっぱいの 木の家に住んでみませんか?

地球環境に負荷をかけない住宅造りとはどのようなものでしょう?

その答えのひとつが、自然素材や再生産が可能な材料を使った家づくりであると岩手ハウスは考えます。

自然素材といえば、まずは木材。

乾燥状態にあれば何十年と使用可能で、現に神社や仏閣では建築後何百年の木造建築物がたくさんあります。古い民家の梁や柱を新しく家づくりに活かして再生することも出来ますし、建築解体木材はチップ化されボード原料や燃料になる等再利用が容易です。

岩手は、豊富な木材に恵まれた林産県です。

地元のものを地元で消費する地産地消への関心が高まってきている今、家づくりに関しても同じように地元岩手の木材を使用する!そんな気持ちで家づくりを考えてみるのも良いかもしれないと思います。

そうすることで、地元林業の活性化と森林の整備促進へとつながっていきます。

自然(天然)素材である無垢材はコスト高かもしれませんが、住宅機器や設備を過剰なものにしなければ、それほど割高にはなりません。

天然素材のものは手入れを怠らなければ、新建材より長持ちします。天然素材の使用を決めてから予算に合った住宅機器をそろえる。

そんな方法で住宅建築を考えていくことも可能です。

地元工務店だからこそ出来る、地元の素材を使った家づくり。
家族にも地球(地域)にも優しい家づくりを岩手ハウスサービスで考えてみませんか?

 
↓こちらの各ページも是非ご覧ください
地元の木を使うことは環境に優しい

岩手の木材

心地よさでいっぱいの「無垢の木」

岩手の木材


戻る