地元の木を使うことは環境に優しい

今まで遠い外国からの輸入材に頼っていた建築木材。
それを地元の木を使うことによって輸入時にかかるエネルギー消費量を減らすことが出来ます。
地球温暖化の原因と言われているCO2の排出量を大幅に抑えることが出来、
外国の過剰な伐採による森林破壊の抑制にもなるのです。




また、岩手の木を使うことにより、地元林業の活性化につながります。
植林が進みCO2を吸収する木の量も増え、間伐も進むことで森林の環境も良くなるのです。



 前のページに戻る