岩手ハウスサービスとは


外張断熱工法
 外張断熱工法と充填断熱工法があるのはみなさんご存知でしょうか?もちろん、どちらの工法にもメリット・デメリットがあります。
岩手ハウスでは外張断熱工法を推奨しています。それは、外側で断熱材が連続しているため断熱欠損が少なくてすむからです。

 また断熱・気密の処理が内断熱工法に比べ容易で、基礎、土台、柱、梁といった大きな構造部がすべて暖房空間内にあるので、住宅が長持ちします。屋根に断熱することで、小屋裏も室内やロフトと同様に有効に使用することもできます。
 内装においてもクロスや羽目板などの仕上げをせず、柱や梁がむきだしの状態にすることもでき、木の温かみのある空間をつくりだすことができます。 

 また、Q1.0住宅では外張断熱に充填断熱を付加しています。これにより、さらに断熱性能を高めることができ、冬期間の暖房エネルギーの削減や夏の冷房エネルギーの削減等、省エネルギーな家となります。
木製サッシ
熱の逃げやすい開口部には、断熱性能の高い樹脂サッシや木製サッシを基本としています
木製トリプルサッシはガラスが3枚で、1枚目と2枚目のガラスの間に乾燥空気を、2枚目と3枚目のガラスの間にアルゴンガスという、非常に熱を伝えにくいガスを封じ込めています。

 3枚のトリプルガラス、木部に取付けられている気密パッキンの構造により、高い気密性に加え、断熱性や遮音性を得ています。
天然木の質感・デザイン性から見てもガラスのひんやり感がなく、温かみが感じられます。
木製断熱玄関ドア
 熱の逃げやすいのは玄関も同じ。
木製断熱玄関ドアは、アルミに比べて1500倍も熱を伝えにくい木の性質に加え、断熱材入りの構造になっているので、結露とは一切無縁です。ガラスは複層ガラス入りで、断熱性能に優れています。

 また木はコンクリートの12倍もの強度があり、鉄やアルミより高温に長時間耐えると言われています。
木製断熱玄関ドアは木本来の強さをそのままに、木目の美しさや質感など重厚感にあふれ、玄関を美しく演出します。


トップページへ戻る