注文住宅と建売住宅、どう違う??

一般的に言われているそれぞれの特徴を挙げてみると…

注文住宅 建売住宅
メリット ・自分の好きな住宅を建てられる

・建物の品質・工事過程を自分の目でチェックできる

・ハウスメーカーなどの住宅であれば一定水準の性能が保証されている
・一般的に注文住宅より価格が割安

・土地を探す手間が不要

・すでに建っているので仮住まい費用が少なくてすむ
デメリット ・建ててみないと分からない
 (必ずしもカタログと同じ写真の住宅が出来るとは限らない)
・建っている現場を見て買うので分かりやすいが、構造部分までは自分の目で確かめられない


5つの項目別で詳しく比較。
「なんとなく自分に向いているかも?!」 「ここは絶対に譲れない!」など項目から見えてくるものがあるはずです。

注文住宅 建売住宅
 土地を所有していない場合は土地探しからのスタートとなります。土地を決めるには、地域や広さのほかに、法的条件や環境などを検討しなければならないことが多々あります。

 住宅とトータルで相談するとスムーズに家づくりが進みます。
土地  土地と建物が一緒に手に入るのが建売の最大の特徴。
住みたい地域・価格などの条件から絞り込んで自分の希望にあうものを選ぶだけ!!
 プランニングするうちに費用がかさんだり、別途工事費用や諸経費などが把握しにくいのですが、見積もりを提示してもらいかかる総費用を自分でコントロールしコストを抑えることも可能です。 費用  建売住宅は、価格を決めて売りに出されるので、土地と建物にかかる費用が一目瞭然。
 基本的には価格は決まっているので費用のコントロールは出来ません。あくまでその物件が、自分の予算や条件にあっているかが判断ポイントとなります。
 プランが決まるまで、かかる費用が確定しないのが注文住宅。
 先にプランの決まっている建売住宅に比べると、融資の審査まで時間がかかると言えるでしょう。
ローン 建売住宅は、土地と住宅がセットになっているので融資の審査が通ればすぐにローンが組めます。
 良い物件に出会ったときがローンを組むときになる為、金利情勢などに注意しましょう。
 注文住宅は、自分の希望を伝えて設計してもらえるのが何より大きな魅力!!!
部屋の配置や、細かい部分も思いのまま♪

 設備や仕様を好みに合わせて注文できますが、その分自分で決めなければならないことが多く、打ち合わせを重ねる必要があります。
設計デザイン  建売住宅は、完成した実物を見て購入を検討できるのが最大のメリット!!
 ただし、完成物件に関しては基本的に変更が出来ませんので、自分の暮らしに合うかどうかじっくり検討する必要があります。
 工事の進行を自分の目で確かめることが出来、完成してからは確認できない、基礎や構造の部分をつぶさにチェックできるので安心です。
 現場に通えば、職人さんや工事関係者と親しくなり、自分の家を一緒に作り上げたという喜びを味わえるのも注文住宅の魅力の一つ。
施工 建売物件の場合は施工済みのものが多いため、工期の心配が無く、子供の入学などの入居時期が動かせない人には最適です。


「予算は問わず、工期の間も待つ用意があるので品質の高い一戸建てに住みたい」
という人には、
納得のいく注文住宅をおすすめします。


岩手ハウスサービスは、岩手を中心に注文住宅多く手がけています。
地場の工務店(ハウスメーカー)だからこそ出来る、地元岩手の気候風土に合った、
永く暮らし続けられる家をテーマに、創意工夫しながら地域に密着した家づくりをしています。

家づくりを検討されている方は、どうぞお気軽にご相談ください!!



岩手ハウスサービスの家づくり

FORA住宅

FORAシステムについて

DOT住宅

あなたの近所の施工例