長期優良住宅

「いいものをつくって、きちんと手入れして、長く大切につかう」
そんな、より優しい暮らしを目的に、国が推奨している住宅です
「つくっては壊す」というフロー消費型の社会から
「いいものをつくって、きちんと手入れして、長く大切につかう」という
ストック型社会へ転換しようという試みが長期優良住宅のコンセプトです。
■住宅の平均寿命の比較
<アメリカ> 55年
<イギリス> 77年
 <日本>  30年

 住宅の平均寿命の比較を見て分かるように、日本の住宅寿命はアメリカやイギリスに比べ30年とかなり短いです。にもかかわらず、家を建てるための住宅ローンの返済年数は30年を上回ることが多く、住宅ローンを返し終わる頃には資産価値の無い家が残っていると言っても過言ではない状態なのです。

 このような背景から2009年6月4日、「長期優良住宅普及促進法」が制定されました。
これは
「住宅を長期にわたり使用することにより、住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑制し、環境への負荷を軽減するとともに、建替えによる費用の削減によって、国民の住宅に対する負担を軽減し、より豊かで、より優しい暮らしへの転換を図る」ことを目的にしています。

つまり、長く住み続けられる丈夫な家づくりを推進していこう!というものです。

長期優良住宅は7つの認定基準を満たしています
■劣化対策
⇒通常想定される維持管理条件下で、構造躯体の使用継続期間が少なくとも100年程度となる措置    
・等級3+α


■耐震性
⇒極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修を容易にするため、損傷レベルの低減を図る。大規模地震力に対する変形を一定以下に抑制する措置。
・耐震等級2  建築基準レベルの1.25倍の地震力に対して倒壊しないこと


■維持管理・更新の容易性
⇒構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、維持管理(清掃・点検・補修・更新)を容易に行うために必要な措置
・維持管理対策 等級3
■省エネルギー性
⇒必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていること(省エネ法に規定する平成11年省エネルギー基準に適合すること)
・省エネルギー対策 等級4


■居住環境
⇒良好な景観の形成その他の地域における住居環境の維持及び向上に配慮されたものであること(所管行政庁により、詳細な基準があります。)

■住戸面積
⇒良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること

■維持保全計画

⇒建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されていること(少なくとも10年ごとに点検を実施すること)


長期優良住宅のメリット
      

一般住宅に比べ税制が優遇されます
一般住宅と長期優良住宅の税制優遇の比較
控除対象 一般住宅 長期優良住宅 備考
住宅ローン減税 1.0% 1.2% ローン残高に対する割合
投資減税型の特別控除 - 性能強化費用×10% 住宅ローン減税者除く
/500万×10%が限度
固定資産税 3年間は税額の1/2 新築から5年間は
税額の1/2
床面積50u〜280u以下の住宅に適応
登録免許税     
(住宅用家屋)
0.15% 0.10% 所有権保存登記
0.30% 0.20% 所有権移転登記
不動産取得税 最大1200万円 最大1300万円 床面積50u〜240u以下の住宅に
対する課税標準からの控除

長期優良住宅の税制に関する最新情報はは、国土交通省の長期優良住宅に対する税の特例のページ


使い捨ての思想を止め、長寿命の家を考えよう
石油燃料の枯渇や、地球温暖化などさまざまな環境問題がさけばれる今、住宅についても同じように問題意識を強く持つ必要があります。住宅を使い捨てにせず、スクラップ&ビルドを極力減らし、できるだけ長く快適に暮らせる家を建てることで環境や家計への負担を軽減でき、エコにつながります!!

岩手ハウスでは高断熱・高気密の高性能な家づくりを行ってきました。それが結果としてランニングコストを抑え、環境にも家計にも優しい住宅となるからです。

長く住み続けることの出来る「長期優良住宅」は、仕様のグレードが高くなるためコストは少々アップします。
しかし、長い目でみれば高度な安心を提供できるため「長期優良住宅」をお薦めしております。

少しでも気になるというお客様はどうぞお気軽に岩手ハウスへご連絡下さい。
当社で施工した新築住宅の中に、長期優良住宅もございます。
是非お問い合わせ下さい。
                                                                                                  2013年11月

国土交通省 長期優良住宅関連ホームページ