築200年の古民家解体 


長い間古民家で使用されていた梁や欄間などを、新しい住宅に活かすべく
岩手ハウスサービスは取り組みを行っています!!

今回解体を行ったのは
築200年の古民家です
事前調査を入念に行い
解体作業計画を整えます
室内から解体作業が
進められていきます
解体する前に
梁に番付けを行います
立派な梁がむき出しに
なりました
次は屋根の解体です
大きな梁がクレーンで
吊り下ろされていきます
解体された民家の梁や柱は
倉庫にて保管
新しく生まれ変わる時まで、
倉庫にてゆっくりと休養


この木材は岩手ハウスサービスが倉庫にて現在保管中です。
これらの梁や柱を家づくりに活かして再生されるときには
また情報を更新します。



前のページへ戻る